こんな時・・・だからこそ・・・

いつも使っている「道具」・・・最近は本業の道具より握っている時間が長いくらい・・・

今は無きプロピンセットL・・・
先端を石に当てたり底床材に当てたりで潰れたり返りがでたりしますがそのままにしておくと植栽時に植栽した水草が引っかかって抜けてきたり傷つけたりしますので数ヶ月に一回は手入れします。潰れた先端部やかえりをダイヤモンドヤスリできれいに整形しなおして#1000の耐水ペーパーで形を整えた先端部や先端サイド部をみがいてあげます。
e0112088_1755414.jpg

これで植栽時に水草を痛める事も無くスムーズに植栽できます。
e0112088_17134486.jpg

色々なピンセットを使いましたが(もちろん同社の他製品も)これが一番使い易いです。
この他にあるとすればプログリップタイプくらいです。もちろんビビパラとかクリプトとか根が大きな水草植栽時にですが・・・
こんな風に使い捨てではなく手入れをしながら長く使っていけるのは、やはり生産地の要素が大きいのでしょう・・・「ゾーリンゲン」

トリミングのハサミも同じ事・・・
e0112088_1719526.jpg

これも・・・「ゾーリンゲン」
切れ味が落ちてきたら予備を使いその間、ハサミ専門の砥ぎ屋さんに出して砥いでもらっています。

高尚な理念があるのなら少々高くても良いから過去の生産地の物も(水槽も含め)ラインナップに復活させるとか日本にも優秀な産地があるのですからそこで作るとか愚直なまでに器具のクオリティーに拘り抜いて欲しいものです。
以前の製作会社を訪ね歩き商品開発の為に費やしたあの情熱・・・失せてしまったのでしょうか?
それにもまして関係者、特に若手社員の動きが全然見えてこない姿勢・・・歯がゆいです。

こんな時にメルマガを使わない手はないでしょう。
上司と相談しながらでも良いのであなた方の強い思いをぶつけて下さい・・・


以前のような あそこの器具に もう憧れて憧れて・・・というのを取り戻して下さい。

切にお願いいたします。
by Factory-style | 2009-02-17 17:32 | Maintenance
<< ブランチ・・・その後 こんな時に・・・ >>