NANKIソイルtype-S 45C水槽立上げ

NAKINソイルtype-S(スペシャル)・・・
以前より入手して45Cリセットをしようしようと思っていたのですがなんだか今年は何かとせわしくやっと時間の余裕ができたので4月19日にJr、の手を借りてリセットしました。
さっそく45C水槽を空にして底床ヒーターの点検も行いました。ピタリ適温の下にクッションになる緩衝材(シリコンゴムシートを使っていますが緩衝用マットで不燃性の物ならなんでも良いでしょう)敷いているのでなんら問題ないようです。
e0112088_15375195.jpg

底床に使用するのはNANKIソイルtype-Sにゲットクリーンそして普通の方なら投入を尻込みする激し目の底床基材w
作り方は生物濾過材bact colation(バクトコレーション)に鉄力アグリを溶かしたぬるま湯でふやかしたピート、腐葉土、鉄力アグリスーパー、孟宗竹竹酢をそれらしく見えるように手もみ混合し2週間程度熟成させた激しい代物ですww
e0112088_15493534.jpg

まず自家製底床基材を4リットル投入しゲットクリーンを満遍なく振りまきます。
e0112088_1601422.jpg

その上に園芸用ネットを被せて後々、植栽した水草を引き抜いたりした時に底床基材が浮いてこないようにします。これはほとんどの方がやってますね。
e0112088_1615724.jpg

そしてNAKINソイルtype-S(スペシャル)を9リットル投入 色目や粒度は120Pで使用したtype-1よりADAアマゾニアに近い感じです
e0112088_1655690.jpg

e0112088_167313.jpg

この水槽はレッドビーシュリンプと水草のストック・コレクション水槽になる予定ですので青龍石とオールドブラックウッドで簡易レイアウトとします
e0112088_16105296.jpg

なお満田さんよりソイルの検証も頼まれていますのでレッドビーも直後に投入する激しい立上げです決して真似などされないように。
通常は試薬等で水質が立ち上がり安定したのを確認してから生体を投入してください。

次回記事よりまとめて水質推移DATAも時系列で公開していきます。

現時点で水を張ってから6日経過していますが「スペシャル」と命名される片鱗を伺わせています。
by factory-style | 2010-04-25 16:28 | NANKIソイル
<< 底床内・・・ また応急処置・・・ >>