<   2016年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

小さいこだわり

かなり久しぶりのエントリーだと言うのにアクアのお話ではなく車のしかも一般的にはあまり関心の無い車のナンバープレートボルトのお話

POGGIPOLINI TCCCEチタン ボタンヘッドボルト M6X1.0X20
e0112088_14355174.jpg

ポジポリーニ
航空宇宙開発や軍用機などの過酷な条件で使用されているTi-6Al-4Vチタン合金を使用しており一般的に64(ロクヨン)チタンと言われ、純チタンにアルミニウム(Al)6%、バナジウム(v)4%を配合し、比重は鉄の7.86に比べ4.6と6割程度の重量で、強度はアルミの6倍以上にもなります。
加工には高い技術を必要としますが、POGGIPOLINIは優れた生産能力により豊富なサイズの量産に成功しました。また、チタンボルトにはPOGGIPOLINI純正のマークが刻印されております。

e0112088_14504358.jpg


本当は8mmが欲しかったのですが10mmからのラインナップ。しかし10mmは国内在庫無しの上に入荷予定も無し。仕方が無いので国内在庫の20mmを送ってもらう。
でも20mmでは私の車には長すぎるので8mmの全長に。

当たり前ですがかなり硬くて切断しにくい。トルクを強めにして切断すると変色してしまうのでダイヤモンドカッターで熱を持たないようにゆっくり切断加工。

ボルトの表面に傷を付けること無く無事に切断加工完了。かなり神経をつかいます。
e0112088_14531720.jpg


このチタンの質感がなんともいえません。

このような高規格で高価なイタリア製のボルトをナンバープレートボルトに使っても車の性能は一切上がりません。軽量化たって市販車ベースではこれくらいの軽量化では何の意味もありませんw

ただ、少しずつ「こだわり」を積み重ねていくのです。

次は同じブランドのホイールボルトかなw? 
by factory-style | 2016-01-17 15:13 | Others