<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

IAPLC 120P水槽その後・・・

壁です・・・壁・・・

ぶ厚いです めちゃ高いです

どんづまりです

わたしのしょぼい脳内のイメージでは限界なのか・・・
e0112088_15593634.jpg

訴えかけてくるような水景ではないです

まだ後景草も足りない 石も足りない 流木もまだ足りないような

満田さんとこにあさりにいかないと・・・

わたし とことん自分を追い込んで脳内リミッターをはずさないと
駄目な廃人のようです

高速、逝って来るか また叱られるな・・・

・・・座禅組みます

e0112088_633941.jpg


あ、満田さんオリジナルのNANKIソイルtype-1、まったくもって問題ないです
こんな時にはずれソイルを引いた日には IAPLC棄権です DNFです。
by factory-style | 2010-01-31 16:07 | IAPLC

退院・・・

無事、検査入院より帰ってまいりました・・・
恒例の検査結果は前回よりも血液検査の数値が更に良くなっているとの事。
現在、服用している薬の減薬を続けている事を考慮すると病状の進行にブレーキが掛かりだしたと考えていいのでしょう。

とりあえずは一息です ヨカッタ・・・。 これもアクア廃人道の精進のお陰でしょうwww

あとひとつ・・・肋骨・・・

精密検査の結果、服用している薬の副作用で骨が脆くなっているのも影響して胸骨(胸の真ん中の太い骨)に一直線状に見事にひびが入っていました。
もう少し衝撃が強かったら折れてたそうです。 これはアクア廃人道の精進の過程なのでしょう(苦笑)

しかし最新鋭の病院の設備には驚かされます! 近所の病院ではレントゲン撮影後フィルムを見て診断されているのですが先日の病院はレントゲンが巨大なデジカメでしたw。診断もパソコンのモニター上でトリミングして拡大してみたりはたまたマルチスライスCTスキャンと言うものでも撮影しましたが自分の胸部の骨の立体画像(3D画像)が見れるのです!!! 
もうそりゃぁ シロウトの私にも鮮明にひびの状態が見てとれます。 ここ数年の医療ハードの進化は物凄いものですねぇ

凄まじいとも言えます  ・・・で、診断の結果は、主治医 「あと2週間くらいは出来るだけ安静にしていてね」(呆れ顔)

・・・座禅組んどきます(泣)


時を同じくして去年の粉砕骨折治療入院より退院して来た ADAリリィパイプP-6です

破損時画像
e0112088_1712189.jpg

ADA退院後
e0112088_17184946.jpg

ん?間違って新品が送ってきたのかな?と見まがうほど
e0112088_17195794.jpg

近づいて
e0112088_172150100.jpg

大胆にカットしてガラス溶接してあります。パイプ側は新品を使用してあるのかな?
それにしてもここまで綺麗に治るとは思ってもみなかったので非常にうれしいです。
ADA特約店の満田さんのところに修理依頼をお願いして気長に待っていた甲斐がありました。
水の中に入れてしまうと気にならない高いレベルで修理してあります。
e0112088_17263223.jpg


と、同じ退院でもこちらは「職人技」のソフトのお話でした。 コチラもハイレベルでした。
by factory-style | 2010-01-22 17:39 | Others

お知らせ

肋骨の調子がおもわしくないのでしっかり治す為、恒例の検査とあわせまして3日程検査入院で留守をします。
メール返信をお待ちの方は大変ご不便をお掛けしますが今しばらくお待ち下さいませ。
1月22日くらいから再開の予定です。
by factory-style | 2010-01-19 22:10 | factory. Info

IAPLCレイアウト開始・・・その2

前回の胸強打トラブルで記事にしてなかった底床からの製作状況をUPしておきます
今回、底床基材は「NANKIオリジナルソイル」の素材と同じ産地素材の「bact colation」に未調整の完熟ピート(熱湯滅菌)を混合したものを使用します。(*ピートを使用される場合は未調整の石灰等が混合していない物を必ず使用してください)混合してから数日間タッパーで熟成させています
e0112088_12205955.jpg

今回は前回作品より盛土をしないので底床基材も普通目に敷いています。量的には10リットルです
e0112088_12234375.jpg

使用底床素材はNANKIオリジナルソイル、ADAフォレストサンド・ブランコの荒めの白砂でアクセントを入れてレイウト的に良くなかったら後で吸い出してソイルと入れ替えることにします
e0112088_12295884.jpg

まずはソイルを敷きこみ・・・これも全体的に薄めで後で親石の部分にガラス保護の為ベニヤ板を敷きます
e0112088_12324014.jpg

そして、腰が伸びきった状態で重い石を持って腰を痛めないように足場を組みますが、この水平になっていない足場板が後々の胸強打トラブルの原因となります皆様はくれぐれも気をつけて下さい作業時には足元が片付いている事が一番肝心です。(肋骨にひびをいれた者が言っても説得力無し!!ですw)
e0112088_12341543.jpg

ここまで準備したらレイアウトに使う八海石を良く洗い乾かしておきます
e0112088_12432857.jpg

そして水槽外で石組のシュミレーションをしていた通りに石を置いていきますがやはり上から見たら「なんじゃこりゃw」です。
e0112088_12472293.jpg

なにやら副石が小さいような・・・(これでまたドツボに嵌って回り道しなければ良いのですが(苦笑))

そして一晩、置いてソイルが底床基材の水分を含み石がしっかりと座ってから化粧砂の投入になります。

ボール紙で型を作り掃除機で化粧砂に入れ替える部分を吸い取っていきます(掃除機は業務用で水、石ころ等を吸い取れる超ストロングな物です家庭用掃除機を使用される方はくれぐれも自己責任でw)
e0112088_12543799.jpg

後は前記時の通り・・・重い石をレイアウトに使用する場合はご用心!!!www
by factory-style | 2010-01-10 13:06 | IAPLC

IAPLC レイアウト開始・・・石組・化粧砂

八海石の重さに閉口して腰が重かったIAPLC用レイアウトを始めました
が!! 恐れていた重さにやられました・・・

あまりの重さにいったい 何kg あるんだぁ と計量してみると
e0112088_15553655.jpg

近づいてみて
e0112088_1558392.jpg

・・・尋常じゃない

これを水槽内におさめようとして胸を強打・・・肋骨がまじ痛いです

水槽の底がよく割れなかったものです。底に板を敷いていて良かった・・・
胸の真ん中が痛くてキーボードのタイピングが辛いです。
アクア廃人道もここまでくれば暗黒面に支配されつつあります(苦笑)

総重量で 何kg あるんだろ?? 水槽台は潰れないだろうかと心配です。
e0112088_1651360.jpg

それにこの重量で水を張った後ではもう石は動かせません
e0112088_1683740.jpg

なんとか出来ましたが鎮痛剤で頭がぼけるしこの先は具合がよくなってからにします。

レイウト中の詳細と前記事への返信は後ほどさせて頂きます。

新年の挨拶なのに・・・正月 早々すいません
by factory-style | 2010-01-04 16:19 | IAPLC