<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

3rd. Tank

e0112088_11153743.jpg

三つ目の水景 後景に初めて有茎草を使用。
e0112088_11163073.jpg

この水景も入院によりメンテナンスを出来ず、グリーンロタラとウイローモスが暴走(笑)
退院してきたら水面には、グリーンロタラの水上葉がこんもり!
水中はウイローモスがこんもり! リオネグロサンドはアクアソイルと混じり合い、
なんとも言えない色合いに・・・(泣)

水槽DATA、追加画像
by Factory-style | 2007-01-28 11:39 | Aqua Tank

2nd. Tank

e0112088_23275112.jpg

二つ目の水景 アクアソイルを初めて使用。アクアソイル/パウダー・ノーマル

e0112088_23292098.jpg

水面に油膜が・・・なんて言葉も知らない頃
画像撮影後、体調不良にて急遽入院する事に・・・1ヶ月以上放置にてあえなく崩壊(泣)

水槽DATA
by Factory-style | 2007-01-25 23:44 | Aqua Tank

エアーレーション

本日は、「Stylish Aquaのsoyokazeさん」リクエストの・・・
『現在、ろ過器内の24時間エアーレーションしてます???』です。
e0112088_1547663.jpg

「ありえない~!ポンプにエアーは大敵なのに!」と思われるでしょうが、可能にしたのがEHEIM2213サブの上部に取り付けてあるステンレスの「物体!!!」 
e0112088_15474478.jpg

EHEIM2213サブの中にブクブク・・・と。さ~~この後、どんな結果になるのやら・・・

*1/26日、水質検査を追加。
by Factory-style | 2007-01-23 16:40 | factory. Info

水・・・風・・・流れ・・・

レイアウトのイメージトレーニング
こんな感じで景色を切り取ってます。
水・・・風・・・想い・・・
e0112088_233584.jpg

by Factory-style | 2007-01-21 23:40 | Others

石組水槽

石が緑色に・・・(汗
e0112088_1156248.jpg

e0112088_024537.jpg




    
     ダブルネーム

水槽DATA
by Factory-style | 2007-01-20 21:49 | Aqua Tank

クリプト水槽

下のライティングシステムとキャビネットを組み合わせた水槽。
下草のコブラグラスもメインのクリプトコリネも地味~にボチボチと成長しています。
長期維持しようかなと思ってる水槽です。
e0112088_0161110.jpg


水槽DATA
by Factory-style | 2007-01-20 00:37 | Aqua Tank

「Stylish Aqua Design Lighting System」

e0112088_17584466.jpg
連続でDIY記事で、今回は3台ある照明器具の一台を。
これも「Stylish Aqua」soyoさんのDIYを参考にした物。
また~?なんて言わないで下さいね。(滝汗)
これまた、スタイリッシュなんだからしょうがないです。
いや~soyoさん何時も良い仕事をしてます!!!
超軽量、コンパクト (取り付け場所を選ばない)
アクアメーカーに無いデザイン (インテリア照明用)
欠点と言えば電子安定器を使用すると価格が市販品に近くなる
自分で作らないといけないくらいかな?(コラ)
とにかく30~60Pまでは(o^-')b グッ!



*お決まりの!「ご参考になられる方はあくまでも、自己責任において行ってください。当方では一切責任は負いかねます。」

仕様DATA
by Factory-style | 2007-01-19 18:05 | factory. Info

「Stylish Aqua Design」 アクリルヒータープレート&みどり商会ピタリ適温

e0112088_233875.jpg本日はDIYネタで。
今回は季節柄「Stylish Aqua 」 soyoさんのDIYを参考にヒーターを。
一口にヒーターと言っても色々あるのですが、「Stylish Aqua 」さんと言えば
皆さんはもうご存知の「アクリルヒーター」!!!

水槽の中にヒーターを置かない&小型化で水槽がよりスタイリッシュにと言うコンセプトで水槽の底から暖める「アクリルヒーター」ですが室温が低すぎると水温が適温にならない弱点があるのですが(皆さんご存知の通り)私は「底床ヒーター」と割り切って全部の水槽に使用してます。
なぜなら底床の温度は水温より温度が若干高いのが理想とされてます。(底床の中
の水が温度差により対流する為、酸素を含んだ水が底床の中に流れこみ底床内の
バクテリアの状態が良好に保たれる)

そうです。ネイチャーアクアリュウムでは底床が重要視されているのです。
冬場などこのヒーターのお陰で水草の成長がすこぶる良いです。
そして水槽の中に入れるヒーターが小型化できる。(私の場合60Pの水槽で100W
のヒーターで常時水温25℃/室温13℃)
もちろん室温が高ければ水槽の中にヒーター無しでOK!!!

尚且つ、見た目がアクリルの為 「スタイリッシュ」 やはりこれじゃないとね!!!(笑)

e0112088_11225924.jpg

実際の底床温度と水温差を解りやすい様に画像添付しときます。
*水温25℃/底床温30℃ 温度差5℃

*忘れずにDIYお決まりの但し書きを。(笑)
『ご参考になられる方はあくまでも、自己責任において行ってください。
当方では一切責任は負いかねます』

by Factory-style | 2007-01-18 23:39 | factory. Info

1st,Tank

e0112088_21543492.jpg

初めて創った水景。ソイルは難しいとか長期維持が無理などと周りの声に
アクアグラベル使用。

水槽DATA
by factory-style | 2007-01-14 22:00 | Aqua Tank

そう。此処から・・・

私が「Stylish Aqua」に夢中になったHP。
そう。この方の 「Style」 に憧れて・・・



e0112088_3483079.jpg
           Stylish Aqua
by factory-style | 2007-01-14 01:10 | Aqua Cabinet