透明度高き。

何か気付きませんか? 実は、UPし忘れていたのですが(汗) 夜の冷え込みも緩くなり昼間も暖かくなってきたので、もう良いかな?と全ての水槽のヒーターを取り外しました。
e0112088_23492686.jpg

その結果・・・水槽の中がスッキリしたのは、もちろんですがヒーターを撤去して水槽内の加温状態が底床からだけとなり底床内と外の今まで以上に温度差が生じ、水の循環が多くなり底床内のバクテリアも元気になり底床のろ過能力もUPしたのでしょう・・・水の透明度が高くなってきました。(私は底床も水草に栄養を与えるだけでは無く水槽内のろ過の役目を果たしてると理解しています。)
これぞ!Stylish Aqua Design 『アクリルヒータープレート』 の真骨頂!!!
e0112088_235084.jpg

コブラグラスもいい加減、間引かないと根が二重三重に重なってきました。でもコブラグラスは下手にさわると、余計な部分まで抜けて収拾がつかなくなるんですよね~面倒でもチマチマと葉を一枚ずつトリミングしなければいけないかな?(泣)






石組水槽も・・・自分の勘違いで〆切りまで後一ヶ月しかないと思い込んでいましたが!
良く考えてみると5月31日まで2ヶ月あるじゃないですか~(滝汗
中年の真っ盛りといえ・・・ボケてる・・・
では! と・・・まだまだ水草の状態も変わるし配石も変えるし正面は避けるし・・・
ちょこっとだけ(笑)
e0112088_2357541.jpg

逆方向から
e0112088_0184649.jpg

まだ、少し水温が低いかな・・・魚達が下の方で泳ぎ出しました。でも元気だし水草達も調子良いから このまま状態維持で・・・
e0112088_21114430.jpg

クリプト水槽 植栽直後 06年10月22日
e0112088_21132962.jpg

石組水槽 植栽直後 06年11月2日

追記
撮影時の水槽は換水してから1週間たったものです。換水直後と殆ど透明度は変わりません。
水質を長期良好に保つ為、アクリルヒータープレート、パミス使用底床、現在公開してませんが、外部式フィルターをエアーレーションするエアーレーションタンク(完成度が増し現在トラブルは無くなりました。ボチボチ公開しようかな?と思ってます。)油膜取パイプ。2つ合わせて←『セミ・オーバーフローシステム』と呼んでます(爆
などDIYで色々製作し綺麗な状態を楽して長期維持できないかな?と企んでおります!
by Factory-style | 2007-03-31 00:22 | Aqua Tank
<< 「生物ろ過材」 通水性・・・ 出張・・・荷物到着 >>